SNS

通販の正しいSNS活用法

SNSで物が売れるのか?と聞かれたら「売れる」と答えます。

あなたも誰かの投稿を見て「これよさそう!」と思ったことがあるはずです。

毎日少なくとも1回はSNSを利用する時代、効果を上げやすい媒体だといえます。

どんな時にSNSで物を買おうとするのか?

ネットショップ運営者はどのようにSNSを活用して購買につなげればいいのかを解説していきます。

まず、その前に知っておいて欲しいことが、これからの時代、SEO対策やリスティング広告だけではやっていけないということです。

理由は2つ。

  • この商品を買いたいと思って検索してくる層だけではマーケットが広がらない
  • 検索ワードを争うライバルが増えるほど、SEO対策やリスティング広告は難しくなる

とくにリスティング広告は、広告を出したい人がどんどん増えているので、クリック単価がどんどん上がっていき広告費が増え、利益が減り採算が取れなくなってきます。

そのためSEO対策やリスティング高校だけでなく、それ以外の方法で顧客にアプローチする手段が必要なのです。

そこで活用したいのがSNSです。

SNSで商品名の露出やよい評判を増やしていけばいいのです。

ですが、単に露出が増えるだけでは物は売れません。

情報の99%が届かない

今世の中には130兆ぺージのウエブページがあるといわれています。

年間検索数は、1年に2兆回。

つまり1時間あたり2億2800万件、1分あたり380万件、1秒あたりでも6万3000件検索されています。

99%の情報は届けたい顧客に届いていないと思ったほうが賢明です。

情報を購入までつなげるのはハードルが高いのです。

SNSマーケティングの基本

情報が届かないというのは理解できたと思います。

では、SNSを活用して、ネット通販で物を売るには何をすればいいのか?

あなたがSNSで物を買ったことがあるならその行動を思い出してください。

「友達がSNSで激推ししていた化粧品を購入した」

「有名な映画評論家がSNSでおすすめしていた映画を見に行った」

「新しいショップができたと、SNSで目にしたので行ってみた」

企業の広告よりも、第三者の口コミを見て、買おう、行こうという気持ちになっていませんか?

結局どれほど情報が届きにくい時代になったとしても、家族や友人、知人の言葉はちゃんとユーザーに届くのです。

つまり、企業やメディアが出す情報よりも、企業やメディアが出す情報よりも、友人や家族の口コミのほうが信頼できるという傾向が強いのです。

もう一つのポイントは、ネットユーザーに声や意見も参考にする人も多いです。

あなたもレビューを見て物を買ったことはありませんか?

企業が打ち出す広告ではなく、ユーザーが自分の意志で投稿するコンテンツを目指すのが正解です。

どんな投稿をするのか?をかんがえるより、どうすれば投稿をしてもらうかを考えるべきです。

これがSNSマーケティングの基本です。

まずは、お客様の声がSNSでたくさん投稿される仕組み作りをしましょう。

その後、フォロワー数が増えれば、拡散される投稿内容を考えましょう。

この流れでSNS運営をすることをおすすめします。

SNSでの投稿だけではない

家電を探すときの価格ドットコムの評価

飲食店を探すときに見る食べログのレビュー

本を購入するときのAmazonのレビュー

化粧品を探すときに見るアットコスメの投稿

上記以外にもブロガーやユーチューバーの評価も重要になってきます。

また、口コミサイトよりもSNS投稿のほうが信用されやすく、強い力を発揮されます。

なぜなら「シェア」「リツイート」といった拡散機能があるからです。

関連記事

  1. SNS

    SNSを活用したUGCの増やし方

    企業や組織のしがらみなく、ユーザーが自然と発生させる口コミのことをU…

最近の記事

  1. インスタグラムから通販サイトへの誘導手段
  2. 費用が掛からないインスタグラムでのフォロワーの増やし方
  3. 初回購入時が激熱のアップセルの具体的な方法
  4. インスタグラムのハッシュタグ活用法
  5. ランディングページの効果的な作り方
  1. 戦略

    初回購入時が激熱のアップセルの具体的な方法
  2. マーケティング

    ネット通販でよく見るサンプルやトライアルでCVが劇的に変わる
  3. Instagram

    インスタグラムから通販サイトへの誘導手段
  4. 分析

    一人の顧客から得られる利益を指標LTV
  5. マーケティング

    ポジショニングマップの作成方法
PAGE TOP